トップページに戻ります メールによるお問い合わせはこちら
当院の理念と方針について
 
毎日のことだから、真剣に考えます。
腎機能の低下を防ぐには、食事療法が大切です。そのポイントは、弱った腎臓に見合った量の食事をとる、ということ。人工透析治療を受ける患者さんは、各自ご家庭で適正な食事のケアをされていると思います。当クリニックでは、透析治療中の院内食にも十分なケアをしています。

 
できる限り、手造りの食事を
多くの病院・診療所では、患者さんに出す院内食を外部業者に依頼した食事で賄っています。当クリニックは、透析治療中の患者さんに出す食事を院内にある厨房で作り、提供します。細かい気配りが患者さんの治療にも活きています。
 
 
制限ではなく、腎臓の働きに見合った食事を
腎臓病の食事療法は、低たんぱく、高エネルギーが基本です。しかし、食事療法といっても食品上の制限はほとんどありません。問題なのは食べ方と、その量です。弱った腎臓への負担を軽くしてやり、濾過しきれない老廃物を体にためないための食事が必要です。